FC2ブログ

オオクワ一本道

国産オオクワガタの飼育ブログです。

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-05-Tue-14-19

恒温室について

今日朝起きてうちのチビたちの様子を見ると、
メスが産卵場所を求めて動き回っていました。





餌皿の下にはオスだけで収まっていますし、
ケース内が荒らされていてメスの本気度が伝わってきます(笑

やっぱこいつらの幼虫採ろうかな・・・。



その話は置いておいて、恒温室について考えていきたいと思います。
まずは恒温室の大きさは決めなくてはなりません。
恒温室の大きさは(幼虫の)飼育数によって変わってきます。
てことは幼虫の飼育数を決めなくてはなりません。

今年度の飼育数は50頭を予定しています。
本当は100頭~200頭程にしたいのですが、資金とスペースの関係でどうしても無理です(泣
まぁ、来年度からはスペース面も資金面も大分余裕が出来ますので、今年度は我慢するしかありません。

そして1本目は800ccのボトル、2本目以降オスは1400cc・メスは800ccのボトルで飼育数50頭ですと、大体150リットル前後の容量が必要です。
150リットルというと、恒温室の内径で85×55×35(約164リットル)くらいになります。
立方体にすると一辺が大体53~54cmです。


次に恒温室の冷却方法を決めます。
といっても、今の選択肢はコンプレッサー式にするかペルチェ式にするかのどちらかです。
なかなか決められずにいるのですが、双方のメリット・デメリットを挙げてみます。

/コンプレッサー式/
□メリット
・冷却力が強い
・それに伴って恒温室内の温度差が小さくなる

■デメリット
・音、振動が大きい
・冷却ユニット単体で売っていることが少ないため、冷蔵庫やワインセラーや冷蔵ショーケース、またはそれらを元に改造したものを使う必要がある

/ペルチェ式/
□メリット
・音、振動が小さい
・冷却ユニット単体で売っているため、汎用性が高い

■デメリット
・冷却力がコンプレッサー式に比べて低い
・それに伴って恒温室内の温度差が大きくなる傾向にある
・恒温室の容量が増えると、1台では庫内の温度を十分に下げられなくなる

う~ん・・・。
メリット・デメリットがそのまま入れ替わった感じですね。
150リットルくらいの容量ならペルチェ1台でも結構冷えそうですし、汎用性も考えたらこっちの方がいいのかな~?
コンプレッサー式の冷蔵ショーケースなんかは、そのまま寝室に置いたら寝れなくなったりもしそうですし(汗
でも、ちょっと現段階ではまだ決められそうにないです(笑



ペルチェ式にする場合は恒温室を自作する予定なのですが、その場合どれくらいの予算が必要になるか調べるためにホームセンターに行ってきました。


やっぱり温室の中にはメタルラックを入れるべきですよね。


150リットルの容量ですと、この一番ちっちゃいメタルミニで十分だと思います。


恒温室そのものはこのスタイロフォームで囲って、


さらに外側は合板で補強しようと思っています。
予算的には1万円ちょっとかな~(汗

恒温室を自作するのか?冷蔵庫やワインセラーを転用するのか?冷却方法はどうするのか?等々・・・
課題は沢山ありますが、今の状況で最も良い選択ができるように少しずつ考えていきたいと思います。




あ、種親もなんとかしなきゃ(笑
スポンサーサイト

COMMENT

2012-06-05-Tue-19-00

初コメです

はじめまして、タケセイヨウと申します。今年から能勢YG幼虫飼育を本格的に始める初心者です。自作恒温室ですか!私も時間が有れば作りたいのですが、冷やし虫家の購入を考えてます。これから、何を飼育する予定ですか?
2012-06-05-Tue-23-44

こんばんは!

>タケセイヨウさん
はじめまして、コメありがとうございます。
虫家は自分も検討してました!
でも大きさと値段の割に容量がちょっと少なめですよね。
恒温室ですが、自作すると180リットル位の容量でペルチェ冷却ユニットと電子サーモ込で27000円位になりそうです(汗
なんとかもうちょっと安く仕上げたいのですが。。。

能勢YG良いですねー!
自分も能勢YGと久留米でいきたいと思っているのですが、如何せん血統が確実な子を入手するのが難しそうで困っています(汗
2012-06-06-Wed-00-06

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-06-06-Wed-14-43

>タケセイヨウさん
アドバイスありがとうございます。
めちゃくちゃ参考にします!

ブログ始められた際は是非宜しくお願いします。
2012-06-06-Wed-15-43

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-06-07-Thu-18-18

>タケセイヨウさん
何度も本当にありがとうございます。
お互い頑張りましょう!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://ookuwaipponmichi.blog.fc2.com/tb.php/3-e73178ff



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。