FC2ブログ

オオクワ一本道

国産オオクワガタの飼育ブログです。

-----------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-03-Sun-23-30

はじめまして!

皆さんこんばんは、はじめまして! アイスプリンと申します。
この度、国産オオクワガタ一本に絞った飼育経過報告ブログを開設致します。
動機としましては、自らの飼育データの管理と情報を共有し合う仲間と出会えたらというものです。

一発目の記事という事で少々長文になりますがご容赦ください。


かつて7~8年程前になるでしょうか、自分にも国産オオクワガタを飼育していた時期がありましたが、それはお世辞にも良い環境とは言えないものでした。
一応はガラス製の温室(FHB-1508S)に小型のファンヒーターと熱帯魚用のサーモスタットを入れて加温し、自作パソコンを作った時に余ったファンで内部の空気を循環させてオオクワ専用の温室として累代飼育をしていましたが、夏場の気温管理調整すら行っていませんでした(実家が避暑地で真夏でも30度を超えないという理由もありました)。
確か菌床は奈良オオクワセンターさんの菌太郎を使ってたと思います。

しかし、諸事情で飼育をやめてから今日まで、一度もクワガタ自体に手を出す事なく過ごしてきました。
それが先日ひょんなことから兵庫産オオクワ♂52×♀36のかわいいペアを手にすることになりました。
まぁその過程とかは省略しますが、当初はブリードする気も全くなかったので、昔の記憶を頼りにドルクスダンケさんでコバシャ(小)・ダニ退治ヒノキマット・餌皿・ゼリーのみを購入して飼育していました。
そして、ケースの中の彼らを「かわいいなぁ(笑)」とか思いながら見ているうちに昔の思い出が次々に蘇り、当時参考にさせてもらっていたHPを見て回るとどれもこれも随分前に更新が終わっている状況・・・(泣

しょうがないからと新しくオオクワガタ飼育のブログを探したり、ビッダーズのオークションとかをなんとなーく見ているうちに違和感が。
どう考えても自分が知っている7年前の国産オオのサイズ帯とは違っているような気がして最新のギネスを調べてみると・・・



87.1mm?!?!?!!!!!

なんだこりゃあ?!(汗  本気でビビりました(汗汗
7年前の自分のMAX個体は80mmいってなかったし、当時のギネスも82mm前後だったような気が・・・。
「自分が知らない空白の数年間に一体何があったっていうんだ?!」って思っちゃいましたよ(笑
詳しく調べていくと、能勢YG血統とマツノインセクトさんのところの久留米産とかが際立って大型個体となっている様子。
更に驚いたのはYG血統の「頭幅の広さ」「ディンプルの少なさ」そしてなによりも一番驚いたのは「バランスの良さ」です。
ここまでの大きさになっても国産オオクワのフォルムを見事に維持している上に、どの個体も皆素晴らしいまでの完品です。

実にカッコイイ・・・

正直、自分はかつて国産オオをやっていたときに、大型個体は凸凹ディンプル多いし何となくDorcus hopei bindulosusとしての限界、つまりDNA的に限界が近いんだろうなーとか思ってました。
しかし、ギネス個体を見る限りこれは普通に格好良いオオクワガタじゃないですか!(何言ってんだ笑
これが血統の凄さってやつなんですかね。もちろん飼育方法と菌床(添加剤も含めて)の洗練もあるのでしょうけど。

こうなるともう抑えられない欲望が、

オオクワもう一度やりてぇ・・・

決定です!(笑
今からペアリングさせてたらちょっと普通の累代飼育と比べて時期外れにもなりますが、それは飼育気温を管理してやれば解決できる問題。
そしてやるからにはギネスに迫れるYG血統やマツノインセクトさんのところの久留米産とかでやってみたい。
でもそれは結構難関のはずです。
昔も有名血統は馬鹿高かったし、実際調べてみたら出処が確かなYG血統はやはり高かったです。

そこでいくつか方法を考えてみました。



1.割と安めな幼虫を数頭購入し、再来期からブリードする。
これが一番安上がりかと思うのですが、雌雄が同定されていない幼虫を数頭買ってもどちらかに偏ってしまうこともありますし、比較的★になる可能性が高い幼虫を数頭ではちょっと・・・。
それに何より再来期までブリードを待つのは無理です(笑


2.里子を貰う。
一応色んなブログやHPを一回りしましたが、今はちょっと頂けなさそうですね(汗


3.小さめの成虫をペアで購入する。
これは現実味ありますね!
1万円前後で購入出来ればうれしいですが、やはり種親にはそこそこの大きさを求めたい(贅沢すぎるかな)


4.オークションで産卵済みの♀を単品購入して追加産卵にかける。
これは名案だと思ったのですが、「biddersでYG血統の血統証がついた個体が偽物だと判明」という内容のブログ記事を発見。
うわー・・・。
最近はクワガタ詐欺まで行われるいるんでしょうか(泣
これだと1の幼虫購入も更に無理っぽくなってきてしまいました。


これはどうしたものか。
もはやどうやって手に入れれば良いのやら(汗
飼育を開始する前に壁に当たってしまいました(笑

そうして色々考えた挙句出た答えが「先に温室作っちまうか!」です(笑
今から夏ですし、どんな方法で温室(この場合は恒温室かな?)を冷やすかと、どれくらいの大きさの温室にするかを考えつつ、そして作りつつ、先の”大型血統入手困難問題”を解決していけばいいんだ!(笑



という訳で次回は「どのようにしてどのような温室を作るか」を考えていきたいと思います。
スポンサーサイト

COMMENT

2012-06-07-Thu-22-26

コメントありがとうございました

早速遊びにきました。

導入方法迷いますよね。わたしは、1番の幼虫を選びました。ただ、能勢でも安い方とお高いのを両方やることにしました。

2年後なら高い方の子孫を爆安で譲れそうですが待てませんよね。あとは有名な方のプレゼント企画で当てるかですね。

あと、血統詐欺にはお互い気をつけたいですね。無名でも有名な人でもお金に困るとそういう人になりかねないので、ブログなどを見て人柄を見分けるしかないかなと思っていますが見破るのは難しいでしょうね。
2012-06-08-Fri-00-51

コメントありがとうございます

>hanimarunさん
早速のコメントありがとうございます。
2年後ですか、、、よだれの出そうなお言葉ですが、待てそうにありません(笑

プレ企画や里子も探しているのですが、流石になかなか見つからないですね(汗

血統詐欺には本当に気をつけたいと思います。
個人的には、まさかそんな事をする人がいるとは思っていなかったので、そのような記事を読んだときは本当にショックでした。
なんとか良い対策はないものですかね・・・。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

http://ookuwaipponmichi.blog.fc2.com/tb.php/1-e0e387e9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。